盗聴されている可能性がある特徴

この記事をシェアする

自分で無理やり外さない

盗聴を確信しても、自分で家中・部屋中をやたらに探すのはやめましょう。
あなたが盗聴器をさがしている間の音も、盗聴されているのです。
盗聴器を外すプロ、探偵に依頼しましょう。
なぜなら、プロであれば、盗聴器を探すアイテムを使い、最小限の音で発見・撤去できるからです。
むやみやたらに、部屋中・家中を探しては、相手の思うツボ!
ここはプロの手を借りましょう。
次に大事な事は、部屋や家具を傷つけない事です。
持家ならば、多少の傷は止むを得ないとあきらめもできますが、賃貸は、弁償しなければなりません。
また、盗聴器を発見する器具がインターネットでも手に入りますが、素人が使いこなす、安全に盗聴器を取り外す事は、その器具を見極める事自体が大切なので、ここはやはり、プロの探偵に依頼した方がよさそうです。

プロも使うアイテム広域帯盗聴発見器

広域帯盗聴発見器は、周波数に感知して盗聴器を探し出す器具です。
しかし、私たちの周りには、電波を発生する物であふれています。電子レンジやテレビ、ラジオや携帯電話も電波を発生しています。
もし、自分でこの盗聴発見器を使い、盗聴器を探し出そうとしたら、恐らく感知した電波の多さに驚くと思いますよ。
また、中には性能があまり良くなく、よく盗聴器をしかけられるコンセントやタップ等に、かなり近づけてからでないと反応しなかったり、盗聴器が仕掛けられていなくでも、コンセントに反応してしまうという商品もあるそうです。
少しでも早く盗聴器を探し出したい!という心の焦りから、安価に安易に手に入る盗聴器に頼るのではなく、専門家に依頼した方が確実かもしれません。